門出

例年通りの卒業式のようでいて、ある意味では大きく違った卒業式になりました。今年の卒業生は、あの大震災が發災した時に入学しました。仙台市を挙げての復旧復興は学校教育にも大きな影響を与えました。災害で受けた心へのケアの、被災した施設の改修時の不自由さ、直接被災した都市ならではの災害教育、この時でなければ経験できないことを様々味わっています。個々の立場で得た経験をこれからの人生行路で生かしていただきたいものです。今後の行く末に対する社会的見守り、ケアが必要であると思います。

学校ごとのそれぞれの進行があると思います。それぞれに感動の卒業式であったことと思います。宮城野中学校では、卒業生が退出の時に、クラスごとに整列保護者に向かって感謝の礼を(有り難うございます、これからもよろしくお願いします)と挨拶をしていました。なかなか面と向かっては言えない言葉を一斉に声を出して伝えるこのシーンは良いなあ、と率直に思います。六学級それぞれの挨拶ごとに湧き上がる拍手来賓席にいる私たちにも打ち寄せる波の様に心を揺さぶるものでした。

心に思っていてもなかなか言葉にそれを言い出せない年ごろの対応として、最高の演出であったと思います。企画した先生に拍手です。人生これからが本番、卒業生には頑張って生き抜いてほしいと思います。

「何が幸せかわからないのです。どんなにつらいことであっても、正しい道を歩いてさえいれば峠の上り下りも、幸せへの一足なのです。」阿部校長先生が引用してはなむけの言葉にした宮沢賢治の銀河鉄道の夜の一節です。

卒業生、がんばれ^o^、私も頑張ろう〜と(^^ゞ

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map