本会議再開

本会議再開、代表質疑が始まりました。今日は二会派、自由民主党、市民フオーラム仙台、中堅と新人の登壇です。ベテランに聞けば、フォーラム、は順番で登壇が決まるとのこと、良いですね。議員の上に議員無し、議員の下に議員無し、が私の持論。堂々とした質疑に拍手を送りました。

55人の議員が」それぞれの視点で問題意識を持って市政を評価し指摘をしさらに提案をする、これが議会の存在意義です。学校の先生が生徒の成績を評価するのと訳が違うのです。優劣を付けるのは、選挙民、四年に一回の選挙です。

これから11日まで、存分に議論を尽くしましょう。結果行政を一歩でも一ミリでも前に動かせれば、合格、だと私は思っています。全ては市民の安心安全の確保と福利の向上、個人の点数は問題外。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map