城下町せんだい伝統文化フェア

城下町せんだい日本伝統文化フェアが開催されます。文化庁の補助事業である、伝統文化親子教室事業を受けて仙台市内で活動するサークルが一堂に会して市民に向けて公開するイベントです。▲文化庁のこの事業は心理学者であり京都大学名誉教授でもある、河合隼雄氏のアイデア。河合隼雄氏が文化庁長官を務めているときに事業化されました。次代を担う子供たちが親とともに,民俗芸能,工芸技術,邦楽,日本舞踊,華道,茶道,囲碁,将棋などの伝統文化,生活文化及び国民娯楽に伝統文化等の継承・発展と,子供たちの豊かな人間性の涵養(かんよう)に資することを目的としています。▲開催十回を迎えるこの催し、これまでメデイアテークで開催されていました。新型コロナ感染症対応で、今回はYOUTUBE上での開催になりす。全く新たな取り組みであることから、準備は大変だったようです。でもやり遂げました、お見事。▲仙台市長からもビデオ出演で祝辞を頂きは華が添えられました。あとは市民の皆さんに楽しんで頂き、参加を頂ければと願うところです。仙台藩四百年の歴史は重いものです。教養人であった藩祖伊達政宗公が残した文化が脈々と今日まで継承されています。「城下町せんだい」の文化に光が当たり、市民挙げて楽しむことが出来る、そんな風景が市内の彼方こちらに出現することを願っています。

1月30日配信。https://youtube.com/channel/UCJkdAcJg-HleYXG5ynr8uvA

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map