縁の下の力持ち

11月になって早や12月定例会が視野に入ってきました。今日も議会に出かけました。 総務局、都市整備局そして議会事務局と打ち合わせそして来客。新規、継続の課題解決に取り組む日常です。天下国家を睨みながら、市民生活の諸事百科に対応するのが市議会議員だと思っています。派手ではないけど縁の下の力持ちとして大事な役目だと思っています。

都市基盤のバリアフリーの徹底、仙台市政を支えている市民活動の運営の円滑化の促進と確認、時々手を入れないと人の集まる組織は運営に澱みが出るんですね。嫌われたくないという心理から行政担当者がやりたくない、民間団体の円滑運営のための指導・助言の実施、やっと動き始めました。

夕方一番町のキクチ文具に万年筆のリーフィールを受け取りに、少額にも拘わらず取り寄せてくれるサービスの有難さを改めて実感しました。電話注文を受けてくれて、間髪を置かずに準備できたことの連絡を受信、そして送料無料ですからね。地域の商店の存在の貴重さの再認識をすることになりました。縁の下の力持ちここにもありですね。

IMG_1227 IMG_1229

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map