武道祭り

仙台市民総体武道祭り、合気道の部が仙台市武道館で行われました。仙台市内で活動している各道場から道場主、門弟、現代風に言えば道場生、が参加しました。幼児から高齢者まで幅広い参加者がいるのは嬉しい事です。

合気道は試合をしません。演武と言って、日頃精進している技を披露するのを専らにしています。相手の悪意を受けて流す作法とでも言ったらいいのでしょうか。昔から女性の人気が高い武道ですが、最近富に女性の関心が高まっていると聞きました。

仙台市の協会の会長を務めて長い時間が経ちました。日本人の興味が経済第一の世界から心の世界に移ってきたと聞いており私も肌感覚で実感する一人です。

武道界にも精神世界の充実を求める人々が関心を持ち、踏み込んでくる時代になればこんな良いことはない、と思います。

午前の演武の全て観覧して、会場を後にしました。地方議員として、否、むしろ政治家の自覚を持って“”日本精神の涵養の場“”づくりを進めたいと思います。

夕方まで議会会派に篭り書類整理に務めました。来週は研修視察を繰り返えすことになります。綺麗にした机上もきっと書類で埋まっている事でしょうね(笑)

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map