四年ぶり

母校の児童増加対策陳情、国保運協と結構重い会合の締めは夕方からの、気楽な夕食会、“ほろにが会“アサヒビール愛飲者の会でした。

出席したのは四年ぶりになりますが、快く迎えて頂きました出席のハガキは事前に出してはいたのですが、主催者の黒澤会長、チョット驚き気味、四年ぶりですからね。

ご縁を頂いたのはかれこれ六年前になります。市長選に急遽出馬を決意、Hさんのご紹介が始まりでした。ホテルの地階にあるイタリアンレストランが主会場で仙台市を中心とした参加者の顔ぶれは多彩で華やかな雰囲気が漂う会だなぁ、が第一印象でした。

今回は年の初めの会合ということで、酒造りの神様松尾神社宮司のお祓いから。参加者全員、別室に設えられた祭壇の前で神妙に揃ってこうべを垂れました。

会のメンバーの顔ぶれは相当変わっているものの、顔なじみとの挨拶は懐かしさ一杯ですテーブルを囲んでの会食も初対面の方々がほとんどにも関わらず打ち解けて話が出来るのもお酒の力の“偉力“か、ビールの否、神様に感謝です。

これまで空白が空いたのは、震災復興を意識した点が大です。今年で五年を期間とした復興計画も終了します。そろそろ“歌舞音曲“の解禁もありかな、というところです。

人様に触れ合うのが仕事の原点です、億劫がらずに各所に足を運ぶことにいたしましょうか。会が閉じて外に出ると外気は更に冷え込んでいたものの、身も心も暖かで冷えた大気もかえって心地良く所々残る雪も気になりません。来し方の六年を振り返りちょっと“ほろ苦い“気分、色々ありましたからね。

灯台1

 

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map