一般質問

対立か程々の緊張関係か、議会で議論する際何時も考えることです。市長が替わり、議会の、与党野党の色分けも変わりました。私自身は、二元代表制と言われる自治体では、与党野党の分類は相応しくない、と思っているものですから、市長に対する姿勢は、変化はない、そう思っています。

市民にとって必要な政策であれば推進する、恣意的政治的な政策は反対、特に国の根本に関わる政策は注意をしている点です。現市長は、野党系の市長、と言われています。この点どう思うと、質問したら、直接の答えはありませんでしたが、特定の立場はとらない、的な答弁でした。先ずは、これで良し、です。

市長就任半年、市長自身が初めて編成した予算案が提出され審議されています。特定の立場に立たない、市民本位の視点での予算案だと思っています。細部を詰める仕事がこれから始まります。そして、次、に繋げる仕事も、これ大事、議論を通じて市長に、そして担当職員に意識してもらわねばなりません。

議会で議論のテーマにすること、先ず大事な第一歩、

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map