一般質問終了

一般質問終了、いよいよ本格的な議案審査が始まります。本会議五日目、21番目の登壇でした。

都市のあり方、文化観光行政と仙台市の文化行政のアンバランスの指摘、弱いと思われる伝統日本文化振興に対する強力な支援の要請、仙台市長と教育長に対しての教育行政への取り組みの覚悟等々、

地味ながらも仙台市の根底を支える大事な政策だという思いでの質問です。答弁は概ね良、としましょう。

市長の姿勢があちらに頼みこちらに頼み、叶わないのは先方の姿勢が悪いから、と、取られかねない行動に見えることが続きます。

子ども医療費助成、大都市制度への取り組み、“ふるさと納税“への取り組みの消極性、と見えるのですが、やっと取り組むことになりました。

政令市移行後は、自分のことを自分でやれるという喜びがありました。それがいつの間にか忘れられ足りない足りない、国に頼もう、県に頑張ってもらおう、と人頼みにな22ってしまったことが心配です。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map