お盆入り

12日に迎え火、今週は16日まで議会会派控室を閉めるという決定に従って、自宅事務所中心に過ごすことにしました。この週は頂いたご案内も選択して、出席予定の行事を二件にしています。

昨週末市民図書館から北野幸伯4冊借りており、一気に読み切ってしまう予定です。経済ジャーナリストとしての活躍は注目していましたが、著書を読むのは初めてです。

借り出した本は全て数年前の著書ですので、書中には予測が外れた事項もありますが、日本を愛し日本の行く末に幸あれとの著者の願いを共感しつつ読み進めています。

隷属国家日本、という著者の感慨は、ショックである一方共感できるものです。世界から愛されて尊敬されてそして憧れをもって見られている事実をもっと我々は知るべきです。

全国戦没者追悼式が15日開催されます。祖国日本の行く末を案じ、国家の継続と平和と繁栄を願って献身された数多の御霊のご慰霊を祈るため、テレビ画面の前で、心静かに慎んで臨みたいと思います。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map