東日本大震災発災十年伝承本番はこれからだ

“”あなたのオモイ…・それぞれのカタチ“”と題して今年度も開催されます仙台市宮城野区文化センター交流事業

2月27日[土]・28日[日]・3月5日[金]・6日[土]・7日[日]すべて見て頂きたい、勿論。特に、3月6日第8回東日本大震災体験文集朗読会をお勧めします。13:30から15:00まで。

発災から今年で10年経ちます。あの忌まわしい大震災の経験の風化が深刻です。“”婦防みやぎの朗読会“”の皆さんの熱意が当日実現しカタチになります。

婦防みやぎ朗読会の取り組みは、仙台市の取り組みとなり永劫続くことになりました。千年に一度と言われる大震災、千年後の子孫が同じ苦しみを味わうことのないようにとの思いを込めて復興計画はたてられました。

実に多くの皆さんが「防災集団移転計画」計画にご協力いただいたことを忘れてはなりません。私たち市民一人ひとりが出来ることを確実に行い伝えて参りたいと思います。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map