ハッピーギューイアー

ハッピーギューイヤー、席に座って注文を終わって目には入った言葉。Happy Gyu Year,誤植かと目を疑いましたが、間違いなし、思わず笑ってしまいました。世の中知恵者がいるのですね。そして社会を明るくする功労者、拍手ばかりでは勿体ない。何か差し上げたいくらい。▲店内に貼られた販売促進ポスターに書かれた件のキャッチコピー、どれだけの人が参加しります。多くの人々の叡智と力の結集があり天祐があって、創造的なものが生み出されるのです。「天才とは、99%の努力と1%のひらめき」であるとエジソンも言ったとか。言葉を紡ぎだす場合も「ああでもない、こうではどうか」、等百論噴出の中で珠玉の一言が生まれる,いう似たような経過が必要なのでしょうね。この場合は一人の天才ではなく「多くの人による集合知としての天才」ですが▲世の中って不思議に仕組みがそうなっているように思えます。集団の中の異分子の存在などがそうですね。本来異分子は邪魔な存在、出来れば排除したい

と大方は思うところですが、ちょっと待て、と言ってくれる存在と見れば貴重ですね。▲お陰で慎重な取り組みが出来、全体として重大な失敗を避けることが出来た、なんてことが期待できます。

年明けから自粛ムードの本年、各々が又社会全体で努力をして良い年にしたいものです。元より天才ならぬ我が身であれば、One of Themお役目をしっかり果たしたいと思います。そして年末笑顔で今年に贈る言葉は、勿論、Thank Gyu Very Much(;^_^A外したかな。やっぱり一人の知恵には限界がある。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map