navi雑感

ボンバルデイアは伊丹空港を定刻一時発、午前中初フライトを成功させたMRJと同じ空を順調に飛行して予定の五分前に仙台空港着。駐車場から車を引き出して山形県天童まで、地区連合町内会長会の移動研修会が開催されている会場まで一走りです。

naviは仙台市内経由で国道を走るコースを指示しますが、最短コースは別にありとばかりnaviは無視。名取市内から仙台市内南西部茂庭を目指し、秋保地区を西進し熊ヶ根で国道に合流するコースを選択します。

結果は正解でした。スムースに車を走らせることができました。秋保地区の沿道を当に今が見どころとばかり紅葉が彩を競っていました。目福とはこのことですね。naviが示す所要時間を30分も短縮できました。もちろん安全速度での運行です、念のため。

走行中いろいろな思いが心に浮かびます。六年前の市長選挙のとき選挙カーで一緒に戦っていただいた皆さんに改めて感謝の思いが溢れます。勝てば官軍、負ければ賊軍、の喩えの通り、私本人は自業自得の面がありますが、支援していただいた皆さんには実に申し訳ないことをしてしまいました。

人生航路にはnaviは無し、船長たる本人が的確な判断をしながら進路を選ばねばなりません。選んで走る道が奈落に繋がる道なのか、天国に至る道なのか走ってみなければ分からないとは言え状況を見ながらの慎重な判断が必要です。

六年前、強引な市政運営をする現職市長の突然の出馬取りやめ、状況の急変、進路を判断をせねばならなかったあの時、戻るも地獄、進むも地獄の状況の状況でした。進んで良かったのか、或いは撤退すべきだったのか、まだ自分で納得できる判断はできません。

棺のふたを閉める時、否、最後の息を引き取る間際に、これでよかった、と自分で思えれば良いのかなと思っています。人任せ、navi任せの人生航路はどうも歩めない運命のようですね。

Prada Veteran Boat Rally, Porto Cervo, Sardinia, Italy

Prada Veteran Boat Rally, Porto Cervo, Sardinia, Italy

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map