8月常任委員会開催日

定例常任委員会開催日、会派総会そして定刻一時委員会開催と言うのが通常の流れです。今日はちょっと変化がありました。午前十時観察所で更生保護関連の会議が開催され、現在目前にある課題、これまで懸案となってきている課題について説明と意見交換が行われました。私も保護司を拝命して二十年近くなりますが、仙台市と国の更生保護行政との連携の必要を痛切に感じているだけに、良い機会を得たなと言うのが先ず感想、関係者の持つ問題意識が熟度を増していよいよ形になる時期に来たなあと思います。

大幅に遅れることを予想して事前に連絡していた会派総会にも間に合い、その後の流れにうまく乗ることが出来た感じです。仕事が重なった際は、優先順位を決めることになりますが。時には欠席を余儀なくされることもありますが、今日は交通手段も俊敏さと身軽さを意識してバイクを利用して正解でした。

“”遣り様“”ですね。決めつけず、諦めず、工夫を巡らす、とても大事ですし、結果上手く行った時は特に楽しいですね。今日はそんな日でした。委員会終了後、議会運営委員会開催、午前中各派で御論をして頂いた分科会運営上の課題について最終意見を述べて頂きまとめに入りました。

結果、決算審査における分科会方式の導入が各会派の理解を得て全会一致で決定に至ることになりました。会派によっては異論、別提案もあったのですが、先ずはやってみよう、そして検証した上で更に良きものをと言う点で一致できたことは有難いことです。震災復興の合言葉“”共に前へ“”文字通り議会も実践できました。重ねて議員の皆さんに感謝です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map