面白い仕事が増えました

新しいまち仙台を作る提案をするのも受けるのも議員のメインの仕事の一つです。今日の日程の中に一気に二件と言うのは珍しい例です。

一つは仙台市の成り立ちの源流を作った伊達政宗公そして作り上げられた伊達家の文化に関わるもの、主役は仙台市民そして祖先が縁のある私流にいうと、原住民、がメインのもの。

もう一つは、仙台にご縁が出来仕事をしながら仙台を思う人々、国の内外にネットワークを持ち視点もワールドワイド、立ち位置は違うものの仙台のまちを考え力を注いでいることは同じです。

それが同時に話として持ち込まれるとは、誠に面白い、と感じます。勿論私に至るこれまでの経過の中で沢山の人々が関わっていることでしょう。

私の役割は、生かすこと、まちづくりは総力戦、沢山の視点と力が必要です。その中の一点でも私の微力が関われることを考えること、そして力のある組織、個人を繋ぐことえしょうか。楽しい仕事がまた増えました。

さて、最後は連合町内会会長会定例会、市政の近況と私が取り組んでいる課題を報告して、会議に参加、終了は早めで八時半。今日も良い日でした。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map