陣営はヒートアップ

市長選挙も中盤に入り、陣営の力が入ってきたようです。応える市民側も関心が高まってきているのではないか、そんな感じです。市政に停滞は許されない、と主張すれば、遅々として進まぬ市政はもう結構、と応える陣営、私の周囲は二陣営の動きが届きます。トップを走っているはずの陣営の動きが感じられないのは、私の現職議員としての立ち位置の関係かもしれませんね。

政党をバックにしながら表に出さない戦法の、支持候補陣営、政党の応援無しで、ムトウは市民に訴える戦法の陣営、二陣営の戦いに見えます。実際は、老舗政党をバックにした戦いになっているのでしょうが。

選挙ハガキが届きました。選挙応援の経験のある同級生が応援に付いて居る陣営からでした。切り崩しかな(-_-;)、旗幟鮮明にしていることを承知の上で送ってきたとすると、これは並大抵の取り組み姿勢ではないですね。

中盤戦で勢いを得られると、接戦に持ち込む可能性もありそうです。地元紙の調査では、伸び代一番と言うことでしたから。私は支持する候補者の個人演説会の準備をせねばなりません。声掛け、反応、今一つ、さあ頑張らねば。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map