門出そして出発

午前中には幼稚園の卒園式、幼かった子供達の成長した姿を見れることは、人としては、至福のことではないかと思います。園歌を歌い、仏様への誓いの言葉を共に唱え、国歌を斉唱する姿は、国会で吠えまくっている人たちの劣化を際立たせます。この子たちが成長して社会参加をするまで十余り、おじさん頑張るからね。(笑)

午後からはお客様を迎えての、説明会、四十年前に日本上陸、同時に国会議員事務所で耳した

『MSI』初めて正式にお聞きしました。社会的に活動しておられる有名人の多いこと多いこと、大きな社会貢献を果たしているメソッドなのですね。今日は説明だけということでした。人生六十年も経験すると様々な処世術?の存在を知ることができます。関心を持って関わったこともあります。今現在の、感慨、は全ては帰一する、ということでしょうか。

人それぞれに相応しい出会いがあるものです。チャンスと思ってそのチャンスの前髪を掴むか掴まないか、考える良い機会を与えて頂きました。新しい出発の日とマークしたいと思います。出会いを作ってくださり考えるチャンスを得ることができた私は幸福者、感謝、です。

別れと出会いを繰り返し人生模様はは織り成されて行く、これからどんな模様が織られて行くのか、惟神、今でしょう、の思いでの選択と決定自分を信じて進むのみ、卒園児諸君の充実した人生を祈る。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map