選択の基準

流れが出て来たようですね。市長選挙に関心が高まってきているようです、関係者から見識をもって選挙を分析する層に広がりが出てきました。新聞報道も客観的な視点を意識しているようですね、このスタイルが読者市民の関心を高めているようです。

さて、私の周辺では、候補予定者に対して懸念を持っている人が多いのは如何に、新しい候補者の出現を期待する人々が一定の割合いるようです。立候補の意思を示した候補予定者は、知ってもらうための努力を全力でして欲しいと思います。

候補予定者の立ち位置、背景、個性、見事に異なっています。民主党は全面に、自民党は知事が前面、これは誠に珍しい、他のお二人は自力、お二人とも国会議員の経験者、覚悟の程がを窺えます。

有権者の選択の基準が、候補者の覚悟、であって欲しいと願う私です。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map