遊戯三昧ゆげざんまい

一週間ぶりに議会会派に入りました。会派スタッフの高橋さんから、お久しぶりですね、と声をかけられました。そう言えば昨週は、東北新幹線、東海道新幹線を軸に行ったり来たり、研修そして視察三昧の毎日でした。

机の上は書類が積み上がっていますが、思いの外少ないのは、御当局も新年度に向けた内向きの仕事が多いせいか。決算議会が終わり、第4回定例会が12月5日に招集されることが内定しています。

二ヶ月足らずの短い期間に仕事が集中するのは、行政側も議会側も同じこと。“”行政を監視そして指導する“”立場にある議会そして議員としては自分の足でそして目で国内をそして世界を見て政策を学び検証する絶好の機会です。

朝、9時半の消防局をはじめとして30分刻みで教育、建設局、健康福祉局最後は副市長とヒアリングと面談を重ねました。視察の成果、研修の効果については直ぐ反映できるもの、時間をかけて実行して行くものと様々です。

関係当局に資料を渡しながらポイントを伝え私自身の今後の取り組みを話すことは大事なことと考えています。関係者と問題意識を共有することは全ての始まりです。手にした資料は関係当局にそして会派政策担当者に手渡し共有することを心がけています。

ヒアリングを重ねる中、幹部職員から先週は凄い移動でしたね、と労いを頂きました。私の日常はほぼFacebook、ツイッターで発信していますのですが反応を聞けたのは初めてです。ウォッチして頂いているのは嬉しいことですね。私は議員は委ねられた任期は“”公“”だと思っておりますので、二十四時間働くことは当然と考え行動しています。

市長選出馬そして落選後の二年間、公に献身奉仕させて頂くことを請い願って現在ある身であれば尚更その思いを強くしています。遊戯三昧の境地、これが私が目指すもの、只管ただ只管にです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map