議案調査一日目

9時半陳情対応、都市整備局と某陳情団体代表との会談に立ち会いました。仙台市側からの検討経過報告を受けてに三の質問がありましたが、陳情側は満足して頂いたようです。外国からの観光客を呼び込むために国は本格的に取り組みを始めています。

そのために法律の改正までして地方の対応を求めているのですが、地方には地方の事情があります。今回は関係団体からのヒアリングを十分に行って、国の方針に沿う形でりながらも、地元との事情を勘案した取り組みになりました。

嘗て規制緩和の名のもとに、これまでの事情を勘案せず自由化を強行した政権が自民党にありました。是か非かで議員に対応を迫り、主きゅはのレッテルを貼り、刺客を送り込むなど乱暴な政治が行われました。

その結果社会的にも大きな混乱が起こり、有能な政治家が冷や飯を食い、臥薪嘗胆、中には政界からさらざるを得ない人物まで出るに至りました。国家的損失、と言って過言でないと今でも思っています。

今回の仙台市の対応は、保守しつつ革新を図る、という取り組みだったと思います。リスクの検討も十分行われない状態で、政策を実現することが先行するということが避けられたことにほっと一安心。

午後はソフトテニス協会の陳情会、教育委員会幹部とからのヒアリング、と予定をこなし帰宅しました。今日の目的の一つ、質問項目の整理、合間を見ながら、机上の書類整理、幾つかの書類をもとに、質問項目を吟味、整理できました。今回は切羽詰まることの無いよ余裕をもって取り組めそうです。良い一日でした。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map