議会残すところ後、あと僅か

 

三連休の二日目、昨日の雨で流れたソフトテニスの中学生の新人戦、主催者として参加、大会の運営を見守りました。実際の運営は協会の理事長そして役員の皆さんです。

私にとってこの大会は、中学校の先生方と短に話ができる絶好の機会です。勿論長い時間は取れませんが、言ってみれば極めて些細な話題を投げかけて〝話題の輪〟を広げて行く、そんな感じです。

中学校の現場では、校長先生、教頭先生が窓口になって下さいますが、生徒と直接接している先生方の声を聞きたい、そう思っている私にとっては好機です。

先生方の生徒指導に注ぐ熱心さは、いつも敬服しているところですが今日もその印象は微動だにしませんでした。雑務を出来るだけ外して、本来の職務に専念できる体制をつくり上げねばと改めて思いました。

生徒もテキパキ先生の指示に従って動き、会の運営に大いに助けになりました、先生はまだご不満でしたが(^O^)。6年前に発災した大震災時の避難所運営で見せた、大人の一員、としての頼もしさは不動のものと見ました。信頼すればそれに応える、先生にも生徒にも社会は信頼と支援を惜しむべきではない、そう思った一日でした。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map