議会予備日、久しぶりに大忙し

議会閉会を目前に、事件?勃発。子供未来局関連の議案に瑕疵が発見されました。しかも、提出時に問題があることを承知の上となるとこれは悪質、確信犯的な行動となります。

終日収拾策を巡って議会会派、議会事務局そして当局と鳩首協議。所属する総務財政常任委員会は予備日を使って当該委員会である健康福祉委員会の問題条例案を除き採決決定、明日の本会議に送付とはなりました。

健康福祉常任委員会は夕方まで待機、当局の取り下げの意向にどう対応うするのか協議する当該委員会にもかかわらず情報が入らずイライラ状況のようです。当局にしろ、議会にしろ思いもかけない信頼を損なう行為から起きた今回の事件の戸惑うこと志きりです。

中心になるものが無いのが大きいですね。 表に出た不祥事、出る寸前のもの、潜在的なものが結構ありそう、そう思わざるを得ない行政側の緩みが見られます。

同族内で自浄作用を働かせるにはかなりの心構えとエネルギーが必要です。意識して取り組んでいるのかどうか、結果からみると“弛緩状態”が常態化していると思わざるを得ません。

市長が何を発言して、どう行動するか注目です。 IMG_8535 仙台市役所取り巻く自然は着実に役目を果たしています。緑の見事な季節です。議会棟ベランダから。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map