議会の役割に則れば唇寂し

帰宅しました。今日の最後は、同業事業者の組織内祝賀会、区の責任者が母体の副会長に昇格したことを関係者で祝おうという趣向でした。

同業者はライバルでもあるわけで当然存在する見えない壁を乗り越えて祝賀の宴を設えるのはこれで大変なことそして大事なことですね。我が身を振り返り、感じること大、勉強になりました。

経済局、危機管理監懇談、ザックバランなやり取りができ疑問点は一応解決理解ができました。大事なことはコミュニケーションを如何に図るかです。議員の議会での言いっ放し、行政の仕事のしっ放しは何れも、NG、です。

課題については、点検と報告そして修正、良く言われるPDCAが行政と議会の間で行われることが望ましいという立場で意見を述べました。分かって頂いたと思いますが、常に意識しないとまた同じ過ちを犯してしまうことになります。

行政は定期敵に人事異動が行われるのが常、不断の意識涵養が大事です。何年かに一度、同じようなことを申し上げてきた感じ、何とかならないもでしょうか、指摘する方は何時も“”モノ言えば唇寂し“”を味わうし言われた方も良い感じでは無い訳ですからね。

,

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map