調査特別委員会 第八回

選挙管理員会の不適切事務等に関する調査特別委員会が開催されました。八回を迎えた今回に委員会は事前にこれまでの議論をまとめたものが委員長素案として提出されました。委員会で論議された議論のポイントが概ね記載されており、良くまとめられたもの、という印象です。先に第三委員会が改善案を提出してあり、選挙管理員会でも対応をしている状況を鑑みれば些か遅きに失したものという批判が起こることを覚悟せねばなりません。

今回も素案に対する議論が百出、再び委員長副委員長一任の上、語句の修正を図ることになりました。招集がすでに行われている第二回定例会への報告はで来ることになり一安心はしているところです。議会の議論は、色々な形で進みますが、たとえば、問題提起、調査(十分な)、議論、論点整理、議論、調査と繰り返し行われますのでまとめまで結構時間がかかってしう傾向があります。

今回の案件のように先ずは行政の内部調査、警察の捜査、第三者委員会の検討と幾つかの機関が雁行するような形で進められました。結局は最後に残るのは議会という結果になるのは致し方たなし、とは思いつつ市民の皆さんが関心を持って見守っている案件だけに審議のスピード化も今後の課題として検討していかねばと思います。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map