視察一日目

八戸市役所訪問、丁寧な対応を頂きました。事務局次長さんから歓迎のご挨拶を頂き、私から答礼そして関係課長さんからご説明そして質疑応答という流れです。八戸市は連係中枢都市構想を実際に進めている先進自治体です。20年ころから国の定住圏構想にいち早く着手し隣接市町との連携を通じた信頼関係が基本にあると感じました。

これが新しい連係中枢都市構想にすんなり移行できた大事なポイントに思えます。中央の情報を集めることにも熱心のようです、というかそれを日常の息を吸うかのごとき当然の業務と割り切って実行しているようです。良い意味でも悪い意味でも、日本の中央集権的な政治行政システムは現実に深く根差して機能しています。

分権志向者であるという自負は持ちながらも、現実大肯定、中央政府の持つ、パワー、を徹底して生かすことが今は効果的と割り切って取り組むことなのでしょうか。政策59項目も示唆に富んだものですが、中央政府とのお付き合いの仕方もヒントになりました。帰って精査をせねば、議会開会日は目の前です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map