終日議会

辻立ち終了、荷物をバックグに積み込んで会派控室に九時過ぎ到着。エアコンのバルブを明けると冷風が吹き出します。今日も暑い一日になるようです。九時半にお客様、仙台駅東のまちづくり活動に参加している方です。

ナショナルフラッグの会社で長く設計そしてスパーコンピューターに関わってこられて方です。理系を立ち位置にしておられるのは私も同じ、視点そして関心を持つ事象に対しての共通点を感じています。二時間弱の時間いっぱいこれまでのこと今後のことについて意見交換できました。今後が楽しみです。

七ヶ浜町議のE議員が議会ロビーで待っていてくれました。個人としては学生時代からのお付き合い四十年近くになります。三年前突然思い立って議員に立候補、手続きを済ませ一時間後には当選と言う、経歴の持ち主です。お父上が議員であり功労者と言う関係もあり、日頃の正義感そして郷土を愛する行動からしてみれば当然の帰結ではありますが。

今日は環境教育に関して具体的な提案を頂いている専門家に対する支援の相談、環境局幹部にもお入り頂いて打ち合わせをしました。県が主管しゃとして大きく関わってくる事業です。対象地域は仙台、と言うことで立ち位置が同じ仙台市の陰に陽にのバックアップを求めることになります。後は、いざ鎌倉、と言うことで打ち合わせ終了。

建設局関係で嵩上げ道路、三本予定されている避難道路そして関係する避難経路について説明を受けました。大震災の貴重な経験と被害をもとに新たに打ち立てた住居系まちづくりの安全を担保する重要な道路網、復興事業の核心部分となります。

担当課長の並々ならぬ取り組みへの覚悟を感じます。関係地権者、住民の皆さんの理解も努力の成果として得ているようです。最後まで気を抜かず頑張ってほしい、エールを送ってレクチャー意見交換終了。

社会福祉協会関係のレクチャー、レッスン3が終わって、アップデート完了。仙台市、仙台市社会福祉協議会、各区社協そして地区社協の役割分担連携の強化に向けて議員として実践に取り掛かることになります。“都市の孤独”が言葉として出てきたのが三十年余り前と記憶しています。

当時はまだまだ地方は地域連帯が密で、東京のように急速に都会化した地域の固有の問題だろうと思っていたものです。しかし気が付けば都市化と過疎化は地方の深刻な問題になってきているのが現況です。

孤立させない、ために行政地域、一帯地なっての取り組みが今進められている中、社協の役割はその要となることが期待されています。社協自身が抱える課題もありその解決に取り組みつつ各組織の連携強化に努めたいと思います。

気が付けば日はすでに落ち時は七時半過ぎ、雷雲襲来豪雨の予報もあり議会事務局も既に施錠されて真っ暗です。議会ロビーにある在籍ランプがただ一つ光っているのみ。今日も一日議会で仕事をすることになりました。

明日から研修準備、そして日曜月曜と両日缶詰めで研修です。研修施設のある大津市に向かって早めの出発を考えています。来週帰仙すると九月定例会議案説明会、議会質問の整理と忙しい毎日が続きます。

支えて下さる多くの皆さんそして健康であることに感謝です。一人では何もできませんね、実感です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map