終わったようで終わっていない

小学校卒業式に出席、感動を又また味わいました。中学校でもそうですが、門出、は卒業生の前途を切に祈ると同時に、自分自身と重なり合うものがあるのですね。「これから大変なことも有るだろうけど、頑張ってね、大丈夫」こんな気持ちが沸き起こります。

仙台市議会は、会期最終日14日で閉会しましたが、実は継続審査一件残しており、予算等審査特別委員会は閉じていないのです。今までに無いこと、極めて異例、新年度の予算執行には当面は直接影響が出ないようですが、異常事態、ではあります。

市長にとっては深刻なことなのですが、どれほどの認識があるのか、議会もそうです。メデイアは、スルー、なのか、事態を判断しかねて沈黙しているようです。

郡市長にとって初めての予算案、議案の一部保留、仙台市の歴史に残る出来事になりました。キャプテン郡が操縦する仙台丸の門出を祝うことは残念ながらできませんでした。提出者、郡仙台市長の収拾の手腕を注目です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map