築城三年落城一日

議会終了後、一路松島へ。顧問を務めている団体の総会懇親会に出席の約束をしていました。本会議が五時前に終了したものの、質問準備のための打ち合わせが続き、議会を出たのが六時過ぎ松島に繋がる県道利府街道を只管、車を走らせます。

思えば長い長いご縁を頂いてきた団体です。まちづくりに大きく貢献している団体で、存在が仮に無くなれば、まちは彩と魅力を無くしてしまうでしょう。腕に自信ありの時代から、設備を整えれば誰でもある程度は仕事をこなせる時代になりましたが、当該団体もそんな時代に波に浮き沈みしています。後継者難、クライアントと行政ととの関係の見直し、仕事の受注の方法の改善、等など取り組むべき課題が幾つかあります。

クールジャパン、が外国から来日する観光客の旅の目的になっていますが、当該団体の技は当にクールジャパンの中核を担う、そのものです。経済原則だけでは図ることのできない高度の精神性が綿々と伝えられてきていることは見逃せません。

約一時間遅れの訪問になりましたが、会場では温かく迎えて頂きました。壇上で挨拶をさせて頂き、会場内のテーブルを回って挨拶して用意して頂いた料理に手を付けることなく会場出て帰路につくという旋風的訪問となりましたが、出かけてよかったと思います。

一時間遅れでの迷惑を慮って途中引き返そうと何度か思いましたが、満杯の駐車場にスペースを用意して頂き、テーブルに席を用意して頂きその上挨拶の段取りと答礼の準備までして頂いた心遣いを裏切ることになるところでした。

私の挨拶に対する副理事長の答礼の挨拶で、誠実、の言葉を頂き、見に余る光栄でした。私自身をご評価いただく際賜る、誠実、真面目、時にはうっとうしいくらいに思っていたのですが、今改めて、誠実、真面目に込められた意味そしてその重さを噛みしめています。築城三年落城一日、噛みし味わいそして我が身を戒める大事な言葉ですね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map