第一ラウンド前

会派総会、今後の会は運営について意見交換、基本的な事項の決定、前提は会派の維持。これまで、議会内会派はこれほどデリケートで壊れやすいものはありません。一晩で別会派結成、会派の分裂などは珍しいことではありません。

特に新市長に対する政治的スタンスが、野党的、なものとなるこれからの四年間は、会派運営は細心の注意を払ったものになることは必定、仙台市議会の慣例である議長任期2年での交代が、予定通り行われた時の議会内人事も配慮に配慮を重ねたものになると思われます。

次期市長予定者の訪問を受け、愈々、ゴングが鳴った日ともなりました。あの激しい戦いの余燼燻ぶるこの時期、流石皆さん大人の対応をしましたね。政治経歴があるだけにそれに期待する点、底から見えて来る、特徴、個性或は弱点、伝わってきています。

私自身の目で確認することが必要な点もありますが、波乱の芽は随所にあるようです。優秀な事務方のバックアップをどう取り付けるか、新市長の九月以降の発言に注目です。九月の決算議会で、力量の瀬踏みもあるでしょうね。

市民の福利の向上、全ての議論はここに集約されることになります。引き続きの市民の注目の目が注がれる訳で、これから、活発な議論が起きてくる、期待感でいっぱいです、楽しみですね。

間もなく、第一ラウンドのゴングが鳴り響きます。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map