穏かな日曜日

昨晩は花見客として榴岡公園で時間を過ごしました。満開状態のさくらの枝に包まれて夢のような雰囲気を楽しみました。桜色と言っても実に様々な色合いがあるんですね。

夜空には月齢一三日ほぼ満月の月が煌々と照り輝き、地上では濃淡様々な桜が咲き競い地上の酔客は幻の影のようでした。桜の宴を共にした方々も気持ちの良い方々でした。酒を楽しむならこんな❝仲間❞に限ります。

一夜明けて今日は快晴、暖かい日差しの間を縫うように時よりひんやりとした風が舞っています。週明けの取り組みを算段し乍ら暫くぼんやりと時間を過ごすつもりです。

夕方会合二件、一件に絞るつもりです。一五日が満月、もう一度桜の下で花見を楽しみたいものです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map