種籾祈願祭祈年祭

今日は種籾祈願祭、一年の耕作を始めるにあたり五穀豊穣を祈願する大事な行事です。地元の氏神様である平田神社で厳かに神事は齋行されました。私も総代に列している関係で毎年欠かさず列席することにしています。

豊受けの神様の分霊社である平田神社は、藩祖伊達政宗公が居城岩出山からお移しされたという謂れの由緒のある神社です。隣町とはいえよそ者の部類の私が総代に推挙されるのは、異例のことと改めてその名誉を感謝しています。

終了後、議会に直行、予算等審査特別委員会定刻一時開会に間に合いました。考えてみれば、委員会は予算審議という過程を経て政策の実行という、言わば種蒔きをします。その作業に入る日が、種籾祈願祭、に当たるのはこれも奇遇、吉祥、と思いたいものです。

市長選挙、知事選挙そして衆議院解散総選挙も噂されます。四海波高い現今の政治状況、将来に向かって良き種を蒔き育てる責務を果たしたいものです。2月3月は別れと出発の季節、議会終了後某所で開催した団体の役員会で新しい会長が誕生しました。サンライズサンセット、日は必ずや再び昇ります。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map