秘密基地

仙台アンパンマンミュージアム訪問、N課長を通じ館長さんのご好意を頂きアンパンマンミュージアム視察、バイキンマンの秘密基地、を探検に出かけました。

秘密基地、と聞けばシルバーおじさんの私ももドキドキするんです。オープン前の一時間半、星館長さんの案内そして説明に引き込まれ、刻、の過ぎるのを忘れる思いです。

アンパンマンミュージアムが進出する際、混乱がありました。地元の反対が強烈に巻き起こったのでした。この原因は偏に仙台市側にあります。それまでの経過を無視したこと、説明をしなかったこと、完璧にアウトですね。

私という『鬼』のいない間にさっとやられてしまいました(自意識過剰^^;)。市長選落選の落魄の時期でした。出馬前に、ついでの、報告があった時に猛烈に反対しました。

詳しいことはいずれの時期かにお話ししたいと思います。旧仙台の病理がここにあります、とだけ言っておきましょう。

紆余曲折に経路を辿って今日の安定したアンパンマンミュージアムがあるのですが、現在の星館長さんのご努力は並大抵ではないですね。

謂わば、『権利』の塊りのキャラクター産業にあって、『仙台特区』を設定して地域を中心に連携を図ったことが地域住民そして関係団体の理解に繋がり、協力を得ることになっています。仙台市もやり易いと思います。

門前町は出来にくい施設であることは変わりませんが、うまく地域に社会から支持され浮力を得たミュージアムとなりました。子供達の笑顔、子供を取り巻く親、祖父母の笑顔、とてもいいシーンを久し振りに拝見しました。

応援団の一員になっている自分を発見、孫を連れて再訪を誓うのでした。今日の訪問でバイキンマンの応援団になってしまいました。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map