研修

研修一日目、講師は多彩な政治経歴を持った少壮の研究家、医学博士号、MBA資格保有者、自信に満ちた人です。落選したものの、市長選にも挑んだということです。選挙には出るつもりがないという理由がわかります。自分の選挙ばかりではなく各級の他の選挙も事務長で務めたとのことですから、然もありなんでしょうね。

当選落選の両方を経験した方の地方自治論は、実践が裏付けになっている分、説得力があります。同時に自治体ごとの独自の文化があることも知り、政治文化の違いも学べます。

参加者も政令市から中核市地方市と様々です。講師からの指名、参加者からの質問、響きあい、刺激を受けて、化学反応が私の中でも起こります。気づきもありました。温故知新とはこのことですね。

議員歴が長くなって気をつけることは、思い込みと偏見、情報の遅れです。聞いて受け入れて共感して、という基本を忘れずに課題に正対すること、常に自分自身の経験をブラシアップすること、情報を得て活かすと同時にアップデートを怠らないこと、と思っています。

議員が意識して実践すること、Leadership、Management,Analyze 、わが身に照らすと、偏りがあるようです、バランスを図ることに心して参りたい、と思います。一生学びですね。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map