研修初日

 

台風一過、晴れ晴れ、と言うわけにはいかない天気です。晴れたり降ったり、落ち着かない天気で一日が始まりました。昨晩は大津で夜を過ごしました。ニュースは台風の進行を刻々伝えますが、ホテルの高層階に部屋のある私は、何の影響も感じません。

自宅に連絡すると前触れの風と雨は強くなっているようで、ビデオでその様子を伝えてきました。技術に弱いが売りの家内も、iPhoneを上手く使えるようになった様です。

台風は姉川の氾濫と言う爪痕を残して去りました。宿から乗り継いでの移動で台風が去っていた金沢富山方面からの列車のダイヤはかなり乱れているようです。

乗り継ぎ駅の山科で、乱れた列車を乗り継いできた家族づれの弾んだ声での会話を聞いていました。家族三人予想外の出来事に遭遇して力を合わせて乗り越えた、達成感を感じます。自然に微笑んでしまいます。

昨日までの私を取り巻く環境も多くの人々の配慮と心遣いで目的が達成出来ていることに思い当たります。感謝ですね。先日、新市長の前で、演壇、をする機会がありました。

新市長の演壇中、〝***108万市民のトップになりました****〝と言うお話を意識して、〝政治家は市民の先頭に立ち、(あらゆる困難、災厄からの)盾となることが求められる、そのような市長なら惜しみなく力を注ぐ〝と、演壇したことを思い出しました。

今回の台風に関しても実に多くの人々がその責務を果たしています。面白おかしく報道する、バラエテイ番組は別にして、命がけで働く人々の存在を意識して働く政治家でありたいと思います。

山科のホームは乗り継ぎ駅ではありますが、私にとっては新しい出発の大事な場所になったようです。ダイヤが乱れた湖西線、私の乗る列車はスッとホームに入ってきました、予定通り、いざ唐崎に。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map