研修、全国の議員と肩を並べて

東京都内研修、福祉政策の理論と実践を学んでいます。政策立案能力の磨き上げです。国内各地から受講生が集まり真剣に取り組んでいます。講師は神奈川県の公益社団法人の理事長、県の政策担当者からの転出という経歴です。

質疑応答が随所に組み込まれ、講義は気が抜けません。あっという間の二時間半、心地よい達成感を得られる講義です。改めて、議員であることの重さを認識します。政策立案を職員に丸投げして、采配だけ振るうそれをもって議員の仕事という時代はとうに過ぎています。

古い雛形は捨てて。時代に合った議員活動をして行かねばなりません。デキナイ人は議会から去らねばなりません。あるいは駆逐されることでしょう。生涯現役を心に誓ったわが身であればこその覚悟を改めて誓った次第です。

まず一から、これまでのささやかな成功体験は打ち捨てて裸になってやり直す勇気が必要です。現在の延長線上に未来はない、重い言葉です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map