生涯現役

2018年前期、全宮城ダンス選手権大会が宮城県ボールルームダンス連盟主催で開催されました。プロ。アマそれぞれ各級で舌戦を繰り広げます。スタンダード、ラテン併せて10種類、10ダンスと呼ばれています。

シャルイウイダンスが映画公開され、ブームに拍車を掛けました。これはアメリカでのリメイクもありました。幼児から高齢者まで年齢を選ばない、スポーツ、として今新たな存在感を示しています。

ご縁があって連盟の顧問を仰せつかっています、名誉なことです。ご縁の始まりは今から50数年前、三塚博夫人のお供でダンスんすを始めたことにあります。市内中心部にある奥山俊也先生のスタジオを訪問した時の緊張感は今でも思い出すことが出来ます、奥山先生の奥様恵子先生に手取り足取りされた時の私自身のぎこちなさも、新鮮な記憶として蘇ります。

ペアは友人、夫婦、兄弟と様々ですが、今日の大会には、祖母と孫のペアが参加していました。役員さんからそれを聞いて、協議中のペアを見ると、まったく自然、違和感なし、見事にステップを踏んで場内を軽快に踊っています。先ず見事なものです。

ジュブナイルから注目している、姉弟ペアもすっかり大人びて、実に美しい踊りを披露しています。うっとりします。挨拶を終え、以後3時間、ダンス音楽のシャワーの中競技を観戦しました、豊かな時間でした、感謝です。祖母孫ペアは順調に勝ち上がっていました。

途中退席で、結果は見れずに移動しましたが、さてどうなったか、後で結果を知るのが楽しみです。生涯現役を実践し楽しみながら、後輩を育てている姿、勉強になります。礼に始まり礼に終わる、エイチケットの世界、青少年の健全育成にとても有効です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map