生涯現役

議会会派は16日までお盆休み、会派スタッフは束の間の休暇を楽しんでいる、ハズ、です。私といえば、カレンダー通りの毎日ですが、今日は完全休業日にしました。

予定は、まったくの真っ白、こんな時があるとこれまでは何事かの用件をつくっていたものですが。時間の使い方の多様性がみられるようになりました。自分投資という点で、少しは枠が広がったのかなぁ、と思っています。

積み上げた本を整理し、気になる本を読んだり、YouTubeをテレビの画面に映してみたり、気ままな時間を過ごすことができました。

日の出、日の入りの時間がだんだんと遅くなってきています、3分、確実に。盛夏が過ぎて晩夏、初秋そして晩秋、初冬、67回目の星巡り、充実した一日一日を過ごしたい、只管その思いでいます。

ちょうどこの時期、八年前の市長選挙出馬は私にとって大きな人生の転換の機会になりました。落選してのちの二年間は、改めて、公選で選ばれる議員という仕事の重さを味わ直した時期です。復帰できたのは、奇跡だと思っています。

以来6年、再選に挑戦する私を応援していただいた皆さんには幾ら感謝してもし足りないくらいの御恩があります。支援をいただいた皆さんから頂いたこの任期、大事にしなければなりません。

議員任期中の日々の一刻一刻が議員であるからこそできる貴重な社会貢献の機会と思っています。ご恩に報いるためにも、研鑽、研鑽そして実践実践、お盆のこの時期は今年後半の実践の大事な力を貯める時期、心して参りたい。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map