生きているから生きてゆくへ

年中行事の八幡様の新年祈願祭そして地区団体の新年会に出席、何時もの様でいつもと違う人々との出会い、新鮮です。初売りも例年通り商店会幹部は頑張って3日に店を開きました。

大事なのは心意気、天職を全うしようという根性、私も腹を括って責務を果たします。午後は足を延ばして大市山に、都心から離れた聖地、清々しい空気に包まれていました。

生きているということは、人様から借りをすること生きてゆくということはその借りをお返しして行くということ、故人となった三塚壽子夫人から教えて頂いた言葉、読み返していた渡辺和子先生の著書に同じ言葉を見つけました。

“”生きている“”から“”生きてゆく“”、生かされていることを心に刻み感謝しつつ一日一日大事に進んで参ります。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map