現実大肯定

宿からバス、乗車して早々、市役所から電話、車中ということで出れずにいると、追っかけメイルを受信、懲戒の報告でした。セクハラ案件、大きな区切りを迎える大事な時期に味噌をつけてしまうとは。

所管委員会委員ということで記者発表前に委員に連絡をするのが市役所のお約束、現市長になって振り返ると懲戒が結構続きます。

今定例会、議会での答弁漏れも目立ちます。職場でのストレスが強いのか、単なる綱紀の緩みなのか。

福岡空港の地上スタッフの対応は素晴らしいものでした。手荷物も搭乗ゲートで無事預かってもらいました、しかも笑顔で。

本来は手荷物扱いカウンターでお願いするところですが、超長蛇の列でしたので当たって砕けろ作戦。言いたいこともあるのでしょうが、笑顔で現実に対処する若い女性スタッフに学ぶこと大です。

独身時代なら、両目に☆彡、恋に陥ることになったかも。待て待て、セクハラ懲戒処分の連絡を受けたばかりなのに、クワバラクワバラ。

夜は打ち合わせ会、食事をしながら、意見交換、知らない情報がずいぶん手に入りました。知らなくても済む情報も中には少々。世間はこんなこと盛り上がり回っているのでしょうね。

和して同ぜずか。世の中のさまざまの事象、正邪、陰陽、善悪を超越俯瞰した心境でものを見たものです。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map