片づけ終了、やればできるのに

片づけ終了、良くできました(笑)。やっぱり気持ちが良いものです。こんなことなら、常々心がければ良いものを(◎_◎;)取り寄せた本を重ねて、雁行読書、三冊一緒に読むこと、たとえ右から左でも、心に響く言葉の数々、贅沢ですね。

飽きてテレビのスイッチをON、サウンドオブミュージック、放映中でした。すでにトラップ男爵が帰宅するシーン、一気に画面にくぎ付けです。思い返せば、高校受験を前にした中学三年生の今頃、夢中になっていました。東宝劇場で二度見ました、当時の私には高額の入場料でしたが。

爾来、リバイバルで何度見たことか、テレビで見れるようになっても飽きずに見ていましたね。私にとって、青春が蘇るスイッチの役目を果たしてくれる映画です。高校の同級生が時々懐かしむようにうっとりと語ることが有りますが、どれほどの青年に影響を与えたことか。

感動する映画、著作、出会えることは幸運、奇跡ですね。人身(にんじん)受け難(がた)し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。この身(み)今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん。大衆(だいしゅう)もろともに、至心に三宝(さんぼう)に帰依し奉るべし。

ちょっと飛躍かな、年の瀬の感慨です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map