決算審査続く

仙台市議会第三回定例会、決算審査が続いています。今日は教育費、教科書に基づかない不適切な授業が行われていたことが既に明らかになっています。全国に知れ渡ったこの事実、この件に対する対応が質されました。処分の生ぬるさが指摘され、委員の中から怒号に似た声が起こりました。

加えて全校調査が行われていないことが明らかになり、その生ぬるさに嘲笑と落胆の声が委員会室を満たします。一事が万事、とは言わないまでも公教育の中で“ルール違反”が行われていないか、この機会に調査し次に繋げていくことは大事なことです。これは常識の部類だと思いますが、教員の世界ではそこまで思いが至らない、とすれば厳しい叱責を受けるのは致し方ないことです。

結局、調査するとの答弁でこの件はその結果を待って論議されることになりました。自立し自信と誇りを持って生きてゆく力を養うことを目的とし、次世代の青年を育てる教育が、逆に誇りを打ち砕く教育になっている現状は変えねばなりません。個人的な価値観、正義感を公教育に持ち込むことは断じて許されません。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map