毎日が諸行無常

自衛隊成人式、葬儀告別式そして議会に戻って政調検討会準備、その間を縫って進行中の諸課題の管理、仕事は尽きません。議会に会派控室、議員の執務室、が設置されていることの有難さをつくづくと感じます。他自治体では考えられないことのようです。

有効に活かさねばと言う思いと覚悟を新に噛みしめています。昨日は引退された先輩議員が議会を訪れ私を指名してくれました。用件は子供未来局関係、ご本人自らで出来る要件に思えましたが、早速関係職員に用件を伝え対応を依頼しましたが時間を措かず調査して第一報を届けてくれました、職員自ら足を運んで。

議会で仕事場を用意して頂いているということは、約束のない客との貴重な面談の場ともなります。ある時、課題を抱え役所の窓口を訪れる市民、相談しても埒があかない、さてと考えあぐねて見上げた目に飛び込む、仙台市議会議事堂、あっそうだもしかして、渡辺博議員は居るだろうか、在籍していることを示すランプ、こんな流れが一般的です。

何時でもどうぞ、仙台市議会へ、これが仙台市議会のコンセプト、でありたいですね。仙台市役所は、市民のお役にたつところ、仙台市議会は困った市民に寄り添い勇気を得ることが出来る所、仙台市の街づくりに積極的に参加したい志を持つ市民が持つアイデイアのインキュベータ「揺り籠」で先ずありたいですね。

先ずは率先して汗を流すのが議員、名誉職ではありません、決して。今日は多大な社会貢献をした方を送り、これから社会貢献を身を以て実践する若人を祝福するという実に有意義な一日でした。

さて、夕方飛び込んできた超難題、しっかり取り組んなければなりません。諸行無常、行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず、を実感した一日でした。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map