正しく恐れるそして正しく対処する

恒例の行事のキャンセルが常態化した中の土曜日、後援者からの電話、市役所からのコロナウイルス関連の連絡のほかは静かなものです。

snsも覗きますが、情報は玉石混交、気分が悪くなる書き込みが多いようです。オールドメデイアの劣化が明らかになり実に多くの人が離れています。SNSも建設的で目を開かされるサイトとの出会いもあります。

分極化ですね。このままでは、SNSもいずれそうなっていくのかもしれませんね。

夕方、市役所から電話連絡、新たにコロナウイルス感染の一報、17例目です。10例目の女性の関係者で濃厚接触が疑われる男性、陽性反応があり発熱の症状があるものの重篤ではないとのこと、ほっとします。一日も早いご回復を祈ります。

中学校そして高校、いずれも仙台市立の学校が感染の手が伸びてきています。太白区役所も感染者の出入りが確認されました。水際で防ぐというステージから身の回りの感染者がいるという次の新しいステージに移りました。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map