楽しみの一つは本巡り

秋保での会合を終え、鈎取の萬葉堂に立ち寄り、気になる古書探し、残念乍ら解説本はあるものの、著者自身の作品には巡り合わず。折角の萬葉堂、本棚の万巻の書と“”こころの交信“”図る、二冊反応がありました、何れもお買い得コーナーに(笑)

この数日、本来の仕事以外の件で、心乱されることが有り、義憤に感じ、本来のペースが乱れ気味でした。安定剤、鎮静剤かな、それに相応しい、ぴったりの本が見つかりました。アメリカ、日本でのベストセラーもお買い得コーナーで、100円とはお買い得間違いなしです。

夕方、車のエアコン調整でデイーラー訪問、帰りにブックオフで古書巡り、ここでも懸案の本は見つからなかったものの、“”安定剤“”は見つかりました。今日の収穫、古事記角川文庫、山本周五郎本、女子の武士道、天使になった男、スマイルズ原書解説付き、〆て600円也、立ち読み数冊、午後の時間有意義に過ごせました。

読書、会話、そして書くこと、人間として必要な基本動作と言われます。これを日々弛まず、怠りなく、続けること心掛けたいものです。又そんな仲間と一緒に仕事をして行きたいとも思いますね。

清算段階で店員さんが突然カウンターを離れ、私が選んだ本一冊を持って本のコーナーへ、戻ってきて言うことには、これは後で買い戻しは出来ません。(・・?(・・?(・・?はてな

理由は表紙の欠損部分でした。そこで気づきました、ブックオフで手に入れた本を又売りに出すんですね、成程でした。本は買うもので売るものではない、と思っている私には軽いカルチャーショック、勉強になりました。

カウンターでは店員さんにキッパリと、売るつもりはありません、と答えて、その上で幾らかまけてよ、と攻め込むと、当店の最低価格は、108円です、と軽く反されました。萬葉堂には、50円コーナーがあったのに、私のけちを棚に上げて、一言、ブックオフ、努力が足りない(-_-;)

良い一日でした。触れあった全ての方に、感謝を捧げます。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map