東京も秋深し

久しぶりに上京、一泊研修に臨みました。テーマは、地域包括ケアシステム、、国民健康保険制度です。いずれも日本の社会福祉の根幹を成すもの課題をかかえながらも一時も弛まぬ運用をせねばならない制度です。全国から参集した聴講生は議員、行政職員と運用を司どる関係団体の人たちです。 国民健康保険運協については私も委員を現在務めています。市民の三割余りの被保険者に対する一般会計からの持ち出しは限界に来ています。制度の根本的な改善が求められるところです。講師は自治体の副市長も務めた実務経験者、議会の事情にも精通しているためわたしにとっては頷くことの多い講義内容でした。 都内は秋の風情です。道行く人の服装も晩秋モードになっています。年の瀬までもう間もなくです。励めよ励め、です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map