本会議最終日 登壇

仙台市議会第一回定例会本会議一般質問最終日、最後24番目の質問者として登壇、市長に対して質問しました。なかなか出馬表明をしない市長に対して質問の形式で表明を促すのですが、挑発、には乗らない市長でした。

予算案提出は執行の責務を伴うもの、とか、これまで積み残した政策について、続行するのか中止にするのか、ケジメをつけるべきとか、あの手この手も通じず、大した手ではないと、私本人も、おもってはいるのですが、結局淡々とした答弁で終了、私としては予算審査でリベンジです。

現職市長はできるだけ早く出馬の意思の表明をすべきであると思います。自身の総括をし新しい政策を掲げ、対抗馬の挑戦を待つ、そして機会を作り論議を重ね有権者の審判を仰ぐ、これくらいのことをしなければと思いますが、如何でしょうか、市長さん。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map