更生保護そして未来へBeyond2020

午前中は議会で更生保護関係の会議、観察所、宮城県保護司連盟会長はじめ各区保護司会会長に集まって頂いての会議が開かれました。

市議会議員で保護司を拝命しているメンバーは7名、全出席、課題の確認その解決のための進め方意思疎通が図られ一気に進む見込みです、いや進めねば。これまで課題のままで残って原因は、意思の疎通の欠如、ただソレダケデス。関係者の蒙昧、もあるかもと思います。地域社会のリーダーの中には、政治、行政システムへの無理解と偏見を持っている人が偶々みられます。

政治行政に批判され時には忌避冴える原因を作っている責任もあるのではありましが。仮に問題があっても是正すれば良くなるわけで、システム自体を忌避するのは誠に勿体ないことです。解決されないままに、捨て置かれ結局関係市民の福利の向上に貢献できないのですから。

午後からは上京、東京都・都議会主催2020年オリンピックシンポジウムに参加しました。とんぼ返りの状況でしたが、出席してよかった。仙台のまちづくりの新しいエンジンとして利用できる可能性を感じます。

貪欲に取り組む姿勢が今一つたりないかなぁ仙台市、それにつけても市役所内の若人の声に耳を傾け、もっと取り上げよう。東京オリンピック2020はBeyond2020日本の未来を目指すレガシーづくりであることを認識することが大事です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map