早起きは三文の得

辻立ちが出来るのは応援団の存在があるからです。六年前思いもかけず始めることになったのは、師範からの一言でした。

その言葉に躊躇せず“はい”と言えた自分がありました。何やカンやと理屈をこねるのが私の心癖、この克服が課題と日頃思っていてもなかなか改善出来ない状況の中で“はい”といえたことが今の境遇に繋がっています。

たくさんの人と知り合えましたし今までお付き合いを言あt抱いていた皆さんとの交流の仕方も大きく変わったと思っています。有難いことと思っています。

ということで今朝も通常通り、師範の迎えを待っていたのですが、定刻五時を過ぎても現れず、メイルを送ると遅れるという返信でした。それでは現場に徒歩で行こうと歩き始めて国道沿いに空き店舗発見、知り合いの方の持ち物とすぐ分かりました。

選挙事務所候補を探していたのですがなかなか見つからず、奥の手も(ユニークな)考えていたのですが思わぬほど身近に出会いを待っていてくれました。

あとはトントン拍子、辻立ち終了後、電話で打診、現場を拝見、是非にというお願いをして快諾を得て後日詳細打ち合わせということで終了です。至近には利用できるムニャムニャ関連の施設もあります。末広がりの展開が出来そうです。

末広がりですよ(‘◇’)ゞ

一連のことは、何れも師範が遅れなければできなかったことです。面白いですね。実践、行動が全ての産みの親、実感です。早起きは三文の得、これも実感です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map