支えられて今日も一日

午前中は明後日に控えた事務所開きの準備。交差点に面した場所で地の利は良いだけに人の往来を念頭に置いた打ち合わせを念入りに行いました。真夏のような強い日差しの中で、全員で事務所周辺を念入りに調査、一時お借りする近隣の部屋も見て回り、まさに事務所見学ツアーです。

十人を超えるお手伝いを頂く皆さんと人生のお同じ時間をともに過ごせることに強い感動を覚えます。私が当事者であることとともにこれまでの人生経験の中で人との出会いは偶然ではないという感覚を持つようになったからでもあります。行きずりのほんの一瞬での出来事も、日常をともにする長い時間の中で生まれる、いわゆる愛憎も必要にして起こるものと思っています。

助け助けられるのが人生、私の場合は助けられ助けられの一方ですが、バランスが取れていると思っています。出会う人はすべて鏡であり、私を鍛える磨き石、そう思うと感動が生まれますね。現在を強く生きることが大事、その結果済んでしまったか過去の意味も違ってくるしこれから生まれる未来も変わったものになる、こんな考えを理解できるような気がします。

午後からは姪の結婚式、高校教員同士の出会いがあり目出度くゴールイン、上司同僚そして友人の温かいお宮理の中でのセレモニー中、色々な思いが胸を去来します。母の病気回復を願っての幼少期からの毎日だった姪と家族。父親と兄との強い絆を感じさせました。

艱難汝を玉にす、困難があればあるほど結束する家族があると改めて確認しました。現実に正面から取り組むこと、大切ですね。大きな学びができた一日でした。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map