戦後70年

創立70周年記念に因んだ朝起会出の勉強会、地区ソフトボール大会、戦中戦後を宗教活動を通じて我が国の再興そして振起を願い実践した偉人のドキュメンタリー映画鑑賞と、薫風香る大気の中をバイクを走らせながら学び味わった一日でした。

いま日本は大きな岐路に立っていると思っています。再興か崩壊か、自立自尊の道を歩むか隷属の道の選択をするかです。何でもありの政界そして経済界、教育界の混乱が社会を映す鏡、だとすると我が国の根幹が大きく揺らいでいると思わざるを得ません。

敗戦後70年、困難はあろうとも可能性を秘め希望があり光り輝く未来を選ぶか運命を他に委ね“”奴隷の平和“”を選ぶか選択を迫られています。志を持つ人々の覚悟と行動が求められています。

灯台1

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map