念には念を

先週末陳情受けた件で、教育局、市民局と挨拶方々の訪問。世は大型の連休と言うことで行楽地関連のニュースが飛び交っていますが、執務室は静穏の中で業務が粛粛と執行されていました。

さすが日本、ですね。かつてスペインの都市バルセロナ市役所を訪問した時に聞いた話しを思い出します。金曜日の夜、スペイン人は心身ともに絶好調に整えるそうです。そして週末に突入、目いっぱい楽しんで週初めの月曜日、へとへとの状態で出勤。火曜日水曜日木曜日と徐々に体調を回復して、そして金曜日・・・(笑)

冗談だとは思いますが、何故か説得力のあるお話、皆で笑い転げたエピソードです。最近は就職に困った青年でも、週二日休めることが就職先選択の前提だそうで職業観でもグローバル化してきているのでしょうか。

東日本大震災の直後、現役を離れたばかりの退職者が、“”仕事のあることの幸せ“”を灌漑と共に話しておられましたが、私はその方の話しの方が自分のこととして腹にすとんと落ちます。

件の陳情は、仙台市ばかりではなく、警察の協力が必要なもの、ことは人命に関わることだけに連休明けには行動を起こし結果につなげなければなりません。仙台市側は、両局とも部長・課長とも承知の動きになりました。地元関係団体にも協力を得て一刻も早い目的達成に向けてGoです。

IMG_1037

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map